ワーキングホリデーで海外留学する際の注意点

昨今は留学する人が減ってきたとは言え、将来的に大きく評価されるキャリアであることは間違いありません。
どのような時代、どのような地域であれ、留学を志す人は多くいます。


語学習得のために海外へ渡航する人の中には、滞在費用を稼ぎながら、もしくは未来の資金を貯めるために就労ビザを取得してワーキングホリデーで長期滞在する人もいます。

しかし、ワーキングホリデーを活用して海外へ長期滞在する場合、注意しておかなければならないことがあります。

ワーキングホリデーでは1年間の滞在期間のうち、半年を語学の勉強に充て、残り半年で働いてお金を稼ぐというやり方が一般的です。



しかし、語学習得がままならなかった場合、語学学習期間を延長せざるを得なくなります。これによって滞在のための費用が尽きてしまい、やむなく帰国しなければならなくなったという憂き目にあわないとも限りません。こうした状況に陥らないためにも、ワーキングホリデーを行う際は渡航する以前に語学の基礎力を養っておく必要があります。

英語に即して言えば、フィリピンなどの滞在コストが安い所へ事前留学してから基礎力を養い、その後に意中の国へ渡航するようにすれば、留学している間はワーキングホリデーでみっちり働き続けることも可能になります。

All About情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

近年ではこうした有用性が広く認知されるようになったことで、「二カ国留学」を行う人も増えてきました。



少しでも現地で働ける環境を整えるためにも、事前の語学力涵養には心を砕くようにしておきましょう。